« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月の記事

カロリーが高い順に並べろ!

テレビ番組のコーナー、「食」や「料理」からのもの、多いですね~

PC作業中、横のテレビで今、「高級フレンチをオーダー カロリーが高い順に並べろ!」・・・というコーナー?をやってます。・・・おもしろい。

食材、食材数、調理(料理)法・・・から、「カロリー(エネルギー量)」を推測する。これはいいねぇ!!料理の持つ"イメージ"だけでなく、知っていることや見ること(調理順を見ていられるようになっている)で、【カロリー】を考えてゆく。

単に「カロリー(エネルギー量摂取)控えたい」を思ったとき、口にする"食品"にも興味を向けることによって、見えてくるものがたくさんある!

そんなことを、【楽しみながら】自然に体得してゆける、そんな番組・メディアがそのクリエイティブな発想を活かして、もっと増えるなら、にわかに言われている「食育」…なんてことへの社会的バックアップを、各メディアがしてゆけるんだろうな。

エネルギー早わかり エネルギー早わかり

著者:牧野 直子
販売元:女子栄養大学出版部
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

サプリメント 健康食品 

「いわゆる」健康食品 というもの。良い部分だけをクローズアップする、メディアの情報だけを鵜呑みにするのは気をつけたい。

---------------------------------------------------

サプリメント、トクホ、自然食品・・・?  よほど興味があるか勉強する人でなければ、区分けなんてわからないし気にしないことも多いでしょう。ドラッグストアに行けば、とにかくたくさんの「健康食品」の山。購入者は、自分の裁量でいくらでも購入し、食すことができる。・・・店に赴くときには、目当ての商品(食品)を決めていることも多いだろう。

私は、管理栄養士と併せて、食品保健指導士(健康食品等のアドバイザー的資格)の勉強をした。始めは、「医薬品」と「食品」の相互作用に関する情報を知りたかったところから。そんな勉強中気づいたのが、いまや人の体内で医薬品と同じレベル(という表現にしておくが...)での期待効果があると思われる、「いわゆる健康食品」。『薬』は薬剤師の投薬が必要なのに対し、「食品」と括られる(食薬区分)ものに関しては、購入も摂り入れることも消費者の自由。

古くからは、『ダイエット』 最近では『アンチエイジング』や『脂肪燃焼』・・・。たしかに、ひとつひとつの成分が体内で作用するメカニズムは立証されている。が、しかし、人類が出現してから今まで、特定の成分だけを簡単に、しかも通常の食事からは有り得ない多くの量を、摂り入れられる・摂取し続けることに関する歴史は、なんと短いことか...。

特定の栄養素、また成分の「欠乏」による人体の影響は、「飢餓」という人類出現からの長い経験によって実証されている。しかし、「過剰」という現象は、ほんとに近年...それこそここ数十年ほどの歴史経験しかない。食品そして成分抽出の、優れた技術が拍車をかける。

大豆イソフラボン、CoQ10、アガリクス、β-カロチン・・・・ ほんの少し前、「なんて優れた効果?!」と、メディアで取り上げられるや飛びついた人も少なくないだろう。たしかにプラスの効果はわかっても、マイナスの効果が露呈してくるのは、これから...。まさに、カラダを張っての実証実験をしているのと同じように思えてしまう。

---------------------------------------------------

先述の資格や勉強...、「モノ」(ここでいう健康食品・補助食品)を推売するために重きを置くことはできる。・・・が、私は逆。もちろん「補う」のにケースごと効率よい場合はコーディネートしてあげたいが、なるべく【自然の形のままの食品】より、食事として栄養素を、成分を、カラダを造るもととして摂れるようにお手伝いできることを目標に。。。

野菜を食べるレシピ―旬の素材で、からだに栄養! 野菜を食べるレシピ―旬の素材で、からだに栄養!

販売元:オレンジページ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

女将さん業への憧れ

似た業種などでも経験はないんですが・・・

以前から憧れです。

それに加え、栄養士として自分がやりたいことで行き着く先、それも結局は「女将さん業」に近いところになるからだろうな。。。

ホスピタリティ、そして来てくれる(お店でも、宿でも)お客様に合った食事。そんなことを思い描いていたら尽きず。

最近、『宿』や『(様々な)施設』で、"(管理)栄養士"が献立を考えたり、食事を提供してたり、ペンションのオーナー夫人が管理栄養士...なんてところも増えました!調べていたら余計にワクワクがとまらない(笑)

ホテルなどでは、「フィットネス」とか「ビューティ」的な切り口サービスが多いですね。「ホテル」といった利用用途に合っているからだろうね。

別府 サンバリーアネックス
http://www.yadoplaza.com/yado/H000001932.html

神戸 西神オリエンタルホテル
http://www.ikyu.com/datas/00000966x.htm

タラサ志摩
http://www.ikyu.com/datas/00000517x.htm

地域の栄養士会でも、その地域の「宿」への活動もある。そうだ、なんかの(栄養士)団体や組織に入っても、また個人での活動でも、こういうことができるんだな。

岡山栄養士会
http://www.pref.okayama.jp/hoken/kentai/omotenashi/omotenashi-boshu-chirashi.html

学生の頃、同級生にも将来実家の旅館の女将さんを継ぐから...というクラスメイトもいたな~。ペンションのオーナーやオーナー夫人が調理師、というところは以前も多かったけど、最近は"栄養士"ってところも多い。アメリカでもそうらしい。なんとなくわかる、どころか、そこに行き着くというのがとてもよくわかる!

伊豆稲取 はまべ荘
http://www.izu.co.jp/~hamabe/new_page_48.htm

森のうーたん
http://www5a.biglobe.ne.jp/~u-tan/index01.htm

志なのや旅館
http://machi.goo.ne.jp/gold/etc/recommend.asp?ipid=285676

ペンションマスコット
http://www.jalan.net/jalan/jweb/yado/YADS_337442.HTML

リングウッドフィールド
http://www.ringwoodfield.com/

贅沢に目指せたらいいな、は 「スローフード・スロービジネス」。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »