« 2008年5月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月の記事

ゴーヤ3本で100円

F1000345

立派なゴーヤが昨日3本で100円。
1本で100円でも「旬なのね~(安くなった~)」と感じるけれど、3本で100円。見切り品に近いから、さくさく食べて消費せねばならない。。。

さて、コストパフォーマンスはどうだろうか?

…なーんて深くは考えず、即3本で100円をゲット。 旬ゆえに、ゴーヤの料理づくしもいいかも~♪なんて

昨日は王道、「ゴーヤチャンプルー」にしました。塩味。
----------------------------------------------

さくさく消費しなきゃ、の2日目。どんな風にしようかな~
我が家の常備たんぱく質の豚肉が少々残してあるので。。

「ゴーヤの豚肉巻き照り焼き」に決定!

スティック状に切ったゴーヤに、豚の薄切り肉を巻いてゆく。本日の夕食たんぱく源、副菜にあとイカと豆腐を使う予定なので、あくまでお肉は薄く巻く。フライパンで転がしながら焼いて、焼き目がついてきたら今日は白ワインを振り掛ける。続いてみりん、しょうゆで照り焼きに。

F1000460

副菜1品目は、イカとねぎのガーリック炒め。
イカは鮮魚やさんで、味付きパック(前日鮮魚で残ったものを半調理加工してお安く売っている)になっているものを買ってあるので、味付けはそれのみ。ガーリックをみじん切りし、少量の油でこがさないよう香り立つまで熱したら、イカ投入。熱が加わってきたら、ネギとえのきを入れて炒め煮に。

F1000462

副菜2品目は、冷奴(笑) 夏の超簡単1品。
大葉を2枚分ずつせん切りにしたものとおろししょうがを乗せれば、小さじ1杯程度の味ぽん(またはめんつゆ)で充分おいしくいただけます。

彼の帰宅に合わせて、じゃがいもとわかめのみそ汁を作って…

ちなみにおみそ汁、みなさんはどれくらい味噌を入れてるのかな?
1人分だし汁180cc(お椀1杯分)に対して、
◆みそ大さじ1/2杯(約9g)…2人分で、みそ大さじ1(強)
これを目安にしてみてね。「だし」をしっかりとれば、充分しっかり味のおみそ汁になります。

濃い味付けは「習慣」なので、「濃い目かな~」という人は、①だしをしっかりとる ②徐々にみその量を調整してゆく を意識してみてね~

人間本能の嗜好として、「濃い味」→塩分高め や 油脂たっぷり のものほど美味しく感じるのでね。美食家という人が「おいしい!」と評するものほどそうだったりねあせあせ(飛び散る汗)ハレとケの食の楽しみ分けは必要ですね。そして「うまみを生かした薄味」は和食の原点だし、味に敏感になってくると、これまた味覚が正常に戻ってくるとな(^^)/ 

F1000463

ちなみに、夕食を食べる時間が遅くなればなるほど、うちでは「食物繊維」なおかずor材料が増えてゆきます(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キムカツ風ミルフィーユねぎ塩カツ

キムカツ(ミルフィーユとんかつ)とねぎ塩焼きを合体させてみました。
F1000456_2

ミルフィーユ層にねぎ塩をはさんで揚げてしまおう!と。(^-^)

F1000454

あとは普通に揚げるだけ~
卵は使わず、水とき小麦粉にくぐらせてパン粉をつけまーす。

豚肉は切り落としをつなぎ合わせて、中はねぎたっぷりだからローカロリー&野菜もとれる。
揚げたてをキャベツ繊切りの上に盛り付けて、ポン酢で…happy01

付け合わせは、なすとえのきのマリネ。

F1000458_3   
早く食べたーい(>_<)♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西通路側からの夕景

F1000453

今日はいろいろ用事で外出。
しかも久しぶりに高いヒールはいて、たくさん書類資料なんかも持ってたので…

つ、疲れた~!と階段上がってドアの前。。。

この夕景!!

疲れも吹き飛びました。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自分の住んでる街が好き&念願かき氷

F1000448

自分の住んでる街好きなんです。

気持ちいい夕焼け~

今週末は近所の盆踊り大会。2日続けて遊びに行ってきます!

F1000445

↑念願のかき氷!!

子供たちがみんなお手伝いしてる出店で、かき氷百円!

ポップコーンなんて五十円!

癒やされました(^-^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鶏のサクサククリスピー揚げ焼き

F1000430

とり胸肉第2弾です。昨夜のうちのメインディッシュ指でOK

揚げ物には、いろんなバリエーションがありますが、うちでは「揚げ焼き」(フライパンに揚げ油をやや厚めに入れる)が定番。あまり油を使わないように…

…なんて、揚げ物鍋を片付けるのが面倒くさい、といった個人的理由でもありますが(笑)

今回は、衣の部分も短縮。でもサクサク香ばしくできるよ目がハート

とり肉は好みの大きさに切り、塩こしょうをふる。
(※塩こしょうの前に、うすくはちみつを塗っておくと、うまみアップするよ~ つけすぎは注意ね。)

衣の材料である小麦粉・卵・水をまぜてしまう。これも固さ(ゆるさ)はお好みなんだけど… 私の好みはお好み焼きの生地くらいかな?少量のパン粉を入れて調節しても。

◆そしてポイント!◆
この衣に、魔法の粉「重曹」を少し入れる!なければベーキングパウダーでもOK。(重曹は入れすぎると苦味を感じるので気をつけてね)

これがちょっとスナック菓子のような、
こうばしい サクサククリスピー感 を生み出すのです指でOK


フライパンにやや厚めに油を注ぎ、160~170℃ほどで両面揚げ焼きにする。

揚げ色が付き、熱が通ったら(※焼き色はすぐにしっかり付きはじめます。なので中までちゃんと熱が通るように注意してね。)
180~190℃ほどに温度を上げて、追い揚げすると、さらにカラッと揚がります。
(一旦取り出してから油の温度(180~190℃に)を上げ、再度投入して揚げると失敗少ないかな。ただ揚げすぎには注意ね!)

F1000428

南蛮酢にくぐらせれば南蛮焼きに。
昨日は衣のクリスピー感を楽しみたかったので、そのままタルタルソース(玉ねぎみじん切り・ゆで卵みじん切り・マヨネーズ・ケチャップ・黒こしょう・パセリ)をかけていただきました。

F1000429

「・・・これ、鶏肉?美味い!!」

との反応もいただきましたうれしい顔

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カリッカリ鶏皮焼き

100g78円で、とり胸肉を500g(3枚入りパック)ほど購入したので、余すところなく、なおかつ簡単でヘルシーにいただこうと思います(^^)b

もも肉に比べてあっさり味の胸肉ですが、そのためどんな調理法でもおいしく、お値段も家計にやさしく、料理も楽しめるといったおまけつき~♪

まずは、第一弾
胸肉3枚分の皮(皮合計約80g)をはずして・・・ 一口大~細かく切ったら


塩コショウ(やや強め)をふり、油をひかないフライパンで『カリッカリ』になるまで、よ~~く焼きます。
焦げ目がつくくらい、カリカリにね指でOK

F1000422

↑そうすると、余分なあぶら(脂)がこんなに溶け出してくる!
ペーパーナプキンなどで吸い取りながら焼いてください。はねるので注意。

カリッカリに焼けたら出来上がり。
F1000423

お好みで七味などをふっていただきますウインク
ちょこっとおつまみの1品にも。

気になる(?笑)コラーゲンはちゃんと皮に残るようなので、大丈夫。ちなみに今回溶け出させた余分なあぶらは・・・

F1000424

量ってみると、大さじ1杯と少し、ほどになりました。

F1000425

と、いうことは…

油脂大さじ1(15ml)≒12g 
⇒約113kcal(動物油脂類として計算)
調理法や工夫によって、100kcalほどを落とすことができるわけです。

脂質が多いため、食事指導などではとっちゃってくださいね危険・警告といわれることの多い鶏の皮ですが、こんなふうにすると捨ててしまうことなく、かつカロリーを落としていただけます。

モッタイナイ もんね。。。

また、ねぎの青い部分やしょうがなどを一緒にフライパンに入れて焼けば、中華料理のかくし味「鶏油(ヂイユ)」としても使えます指でOK

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たわわ

F1000417

プチトマト、赤くなってまいりました!!

かわいい。。。(・∀・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ねぎ塩砂肝

今晩の主菜は砂肝のねぎ塩にんにく焼きo(^o^)o
貧血予防に、安くておいしくてうれしい。。。
F1000385

白い筋をとってよく洗い、5㎜厚にスライス。

ねぎの青い部分としょうがの皮とともに、さっと茹で、すりおろしにんにく・みじん切りしたねぎと一緒に油で炒め、しおこしょうと数滴しょうゆをたらして…

いただきます!

副菜は、うな卵と肉じゃが(たまねぎ主体(笑))とブロッコリー温サラダ。お味噌汁はたっぷりもやしとわかめで。


…肝心の出来上がり写真がないのは、すっかり食べちゃったからでした(^^;)アハハ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひんやりおいしい~ビシソワーズ

↑このフレーズに反応した方は、たぶん同世代(笑)

暑い蒸し暑い日本の夏、来たんだ~ってかんじの天候ですね。

暑くて目覚めた朝、のどごしのいいもの作ろ~ と、大好きなビシソワーズにしました。

F1000379

簡単速攻レシピですが(^^ゞ

■じゃがいも(男爵) 1個(100g) と 玉ねぎ1/4個(50g)を薄切りにして、コンソメスープ1カップ(200cc)でやわらかくなるまで煮る。
■塩こしょう少々で味付けし、ミキサーで撹拌する。※ミキサーに入れる際、鍋を冷水で少し冷やすなどして温度を下げておく
■牛乳を1/2~1カップ(好みで加減)加え、さらになめらかになるよう撹拌する。
■つめたく冷やして(お急ぎのときは氷を浮かべて)出来上がり~♪アクセントに粉パセリを振りました。

スタンダードなレシピだと、ちゃんと漉したり生クリームを使ったりですが、私はあっさりが好きなのと思い立ったら即作りたいので、冷蔵庫にあるものでちゃちゃっとね(笑)

冷やすのではなく、再度軽く温めればローカロリーなクリームシチュー(※ホワイトルゥ)風にも。具材を加えるときは、別途加熱してから加えてね。

じゃがいもはエネルギー源に、玉ねぎ(アリシン)はエネルギー=元気を作り出す手助けを、牛乳は体をつくる素のたんぱく質とカルシウムの補給となります。

口当たり良すぎて、食べ過ぎには注意、ですがね(^_-) お早めにお召し上がりくださいませ。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年8月 »