カテゴリー「1.栄養のこと」の25件の記事

もずくドレッシング

最近の私のブームはコレ↓

F1000752

もずくをドレッシングのかわりにしますwave

戻したわかめとポン酢を少し加えて、サラダ(野菜)にかけてhappy01

油を使わない分、すりごまで風味とコクをプラス。

よく海草に代表される 食物繊維 そして酢は、血糖の上昇を緩やかにするので、血糖コントロールされている方などにはおすすめです。せん切りきゃべつにかけて、食事のはじめに食べれば、さらに食べ方効果もアップです。

F1000753

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タウリンたっぷり かき鍋

海のミルクでパワー補給。

疲れ回復成分、タウリンでファイト~!いっぱーつ!!rock

F1000764

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【トクホ】ヤクルト400

仕事場事務所にお昼時間、ヤクルトさんがきます。

外回り販売でしか売っていない、ビッグヤクルト(勝手に命名...)を「サンプルにどうぞ!」といただいてしまいました。ヤクルトさんも管理栄養士ばかりの事務所とはつゆ知らず・・・

みんなで飲みながら、ヤクルト シロタ株  ・・・トクホよね~  なんて会話で盛り上がった昼休みでした。

F1000547

| | コメント (0) | トラックバック (0)

塩分の高いおつまみには

お酒のおともには、ついつい塩分の高いものが多くなります。

そんなときは、カリウムも摂取。

生野菜や生の果物に多く含まれます。

きゅうりやレタス、また芋類に比較的多く含まれますが、そのカリウムには利尿作用とともに、塩分を排出する作用があります。

どんなものも、食べてはいけないものはなく、(衛生や毒性にかかわる食の安全性とは別ですが)食べ方や食べ合わせなんですねdelicious

F1000805

ドライソーゼージときゅうりを交互のスライスにしてみました。

奥は山芋とだいこんときゅうりのもずく酢和えですgood

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フィトケミカル/アントシアニン

夏野菜の代表的な存在、「なす」。

この紫色は「アントシニン」↓ 色の濃さに旬のパワーを感じます!

F1000435

フィトケミカル(Phyto:植物、chemical:化学物質)とは

直訳すると『植物性の化学物質』という意味で、1980年代に発見され、植物の色素や香り、苦味や辛味などの成分に含まれるものです。

高い抗酸化作用、抗菌作用をもち、免疫力や抵抗力を強化する働きが期待され、健康維持や増進に役立てようと注目され始めています。

野菜や果物、豆類に多く含まれますが、代表的なのはワインなどに含まれている「ポリフェノール」や「フラボノイド」、「カロテノイド」など。その名前なら、ご存知の方も多いはず。

「なす」に含まれる青紫色の色素、「アントシアニン」は、ポリフェノール類。

他にも、ブルーベリー、ぶどう、黒米などに含まれ、目の機能を向上させる栄養素ということでよく知られていますね。目の網膜にある「ロドプシン」の再合成を活性化し、疲れ目の予防・改善する働きがわかっています。他にも、肝機能改善、血圧上昇の抑制、血液の凝固作用を抑制し血栓ができにくくする・・・などの作用も期待されています。

「淡色野菜は栄養がないんでしょ」と言う方もおられますが、そんなことはないんですよ~。それぞれに、機能や働きを持った成分を含んでいますので、文字通り『色々な野菜』を食べること、これが体を健やかにデザインしてくれますclover

| | コメント (0) | トラックバック (2)

なすの煮浸し/副菜

昨日は、夕食の主菜はお惣菜やさんで買ってきてしまいました。
鶏の専門店で、「鶏肉コロッケ」@53円にどうしても惹かれてしまって。。。プラス、メンチカツ@86円。

なので副菜たちは、極力油脂を少なく、そして野菜やさいヤサイを。

なすは、しょうが焼きのおいしい季節ですが、油分を控えられるように煮浸しにしようと。少量の油でも熱が早く通る&香ばしさ&キレイな焼き色づきになるように、切れ込みをうんと細かく入れます。

熱したフライパンに小さじ1/2~1ほどを入れ、皮のほうを先にして蓋をして焼きます。なす自体の水分でほどよく蒸し焼きになり、皮目に良い焼き色がついたら、今度は蓋をせずにひっくり返して焼く。
F1000468
少量の油で、つややかに、焼き目の香ばしさもついて焼き上がり♪

めんつゆを、つけめんをいただくときより気持ち薄めに希釈し、すりおろしたしょうがを加えてなすにかけます。荒熱をとったら、冷蔵庫で冷やしてできあがり~うれしい顔

F1000465

いただきま~す♪
F1000479 
◆せん切りきゃべつと盛り付けた鶏のコロッケとメンチカツ
◆なすの煮浸し
◆大根とわかめのサラダ(すりゴマ、ポン酢)
◆なめこのおみそ汁             

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カリッカリ鶏皮焼き

100g78円で、とり胸肉を500g(3枚入りパック)ほど購入したので、余すところなく、なおかつ簡単でヘルシーにいただこうと思います(^^)b

もも肉に比べてあっさり味の胸肉ですが、そのためどんな調理法でもおいしく、お値段も家計にやさしく、料理も楽しめるといったおまけつき~♪

まずは、第一弾
胸肉3枚分の皮(皮合計約80g)をはずして・・・ 一口大~細かく切ったら


塩コショウ(やや強め)をふり、油をひかないフライパンで『カリッカリ』になるまで、よ~~く焼きます。
焦げ目がつくくらい、カリカリにね指でOK

F1000422

↑そうすると、余分なあぶら(脂)がこんなに溶け出してくる!
ペーパーナプキンなどで吸い取りながら焼いてください。はねるので注意。

カリッカリに焼けたら出来上がり。
F1000423

お好みで七味などをふっていただきますウインク
ちょこっとおつまみの1品にも。

気になる(?笑)コラーゲンはちゃんと皮に残るようなので、大丈夫。ちなみに今回溶け出させた余分なあぶらは・・・

F1000424

量ってみると、大さじ1杯と少し、ほどになりました。

F1000425

と、いうことは…

油脂大さじ1(15ml)≒12g 
⇒約113kcal(動物油脂類として計算)
調理法や工夫によって、100kcalほどを落とすことができるわけです。

脂質が多いため、食事指導などではとっちゃってくださいね危険・警告といわれることの多い鶏の皮ですが、こんなふうにすると捨ててしまうことなく、かつカロリーを落としていただけます。

モッタイナイ もんね。。。

また、ねぎの青い部分やしょうがなどを一緒にフライパンに入れて焼けば、中華料理のかくし味「鶏油(ヂイユ)」としても使えます指でOK

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ねぎ塩砂肝

今晩の主菜は砂肝のねぎ塩にんにく焼きo(^o^)o
貧血予防に、安くておいしくてうれしい。。。
F1000385

白い筋をとってよく洗い、5㎜厚にスライス。

ねぎの青い部分としょうがの皮とともに、さっと茹で、すりおろしにんにく・みじん切りしたねぎと一緒に油で炒め、しおこしょうと数滴しょうゆをたらして…

いただきます!

副菜は、うな卵と肉じゃが(たまねぎ主体(笑))とブロッコリー温サラダ。お味噌汁はたっぷりもやしとわかめで。


…肝心の出来上がり写真がないのは、すっかり食べちゃったからでした(^^;)アハハ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

掲載再開 …予定(^^)です

都合により、4月いっぱいで一旦仕事の契約を終了することにしました。

そのため、栄養士ブログ再開しようと思います~

今までの分も、後追い&別途記録から転載してゆく予定です。

実は5月末、ごく短期ですが入院&ごく軽いものですが手術をすることに。

その前後、少々仕事もお休みするので、その期間のモチベーションupも兼ねてwinkup

あ、就活用ともいうかもしれません(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新規仕事

「特定健診」「メタボリックシンドローム対策」「レシピ」「健保組合」

新規仕事派遣先が決まりました。

現時点くわしく書けませんが、ピンときてた通りでした(^^)/

上記から連想いただけるように、特定保健指導に関わる、レシピの編集(雑誌媒体)の制作に携わります。

来年4月まで、特定保健指導についての勉強をしたいし・・・と、今回契約期間の仕事内容は、時間がとれることが第一希望だったため、栄養士業にこだわっていなかったのですが・・・さすが人材派遣会社!さんですね~!デザイン・DTP・媒体制作ディレクション、そして管理栄養士、といった項目全てに当てはまるお仕事をご紹介いただきました。

業務就業中(契約期間中)は、ここでのくわしい掲載は保留にさせていただきますね。スミマセン。。状況みながら、可能と思われる仕方でまた掲載させていただきます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)