カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の14件の記事

このブログ、お引越しします。。。

フリーとベーシックをそれぞれお世話になってきたココログ。

栄養のことや、食事のこと、管理栄養士という仕事のこと・・・

ここフリーで掲載させていただいてきたブログをお引越しして

さらに整理しながら、アップしてゆく所存です。

完了したらまた、インフォメーションさせていただきますねeye

| | トラックバック (0)

本物

閑話休題。。。?

結婚式の準備もはじまったところなのですが、先日実家の母から本真珠のネックレスとイヤリングを『花嫁記念プレゼント』としてもらいました。

昔から、母は誕生日やお祝いで貴金属アクセサリーをくれるときには、必ず本物をプレゼントしてくれました。

「女の子だし。それにどんなものも『本物』は、価値変動はあっても変わらないから、いざというときに身の守りになる。」 と。

そしてそのたび、中身も一緒よ、と。

磨くのは外身だけであってもだめ。芯から本物になるように内面も磨きなさい、と。

その場しのぎのいい子であることや、付け焼き刃の人間性であってはならない、と教え育ててくれた母親らしい信念をまた実感したのでした。


結婚式には、これをつけて人生の宣誓ができることを楽しみにしています。

F1000705

**********************************************************

↑こちらhttp://mazy.cocolog-nifty.com/はオフィシャル?!(^m^)

↓こちらは完全プライベートblog。。。(^v^)

http://yaplog.jp/zucco/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.08 入籍記念

2008年8月8日 入籍しました。

はじめて会ってから8年

平成20年 西暦2008年8月8日 となんとなく数字の並びも良い日

届出に行った区役所でも、同じく入籍かな?・・・というカップルと会いましたclover

記念に横浜でフレンチディナー。。。

旦那さんが予約してくれてたのは 横浜新山下のフレンチのお店

タイクーンコンチネンタル  happy01  桟橋や雰囲気のあるテラスがあるお店wine

Sany0335

お店では素敵なプレートを用意してくださいましたshine

どうぞこれからも

末永くよろしくお願いいたします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

どこを見て使命を果たすか

ひさしぶりのコチラです。

わたくし事ですが、転職・・・いや、就職しました。できました(笑)

もちろん、「栄養士の仕事」の分野です。

栄養士の分野。はたまた、そこに「管理」がついてると、さらにさらに「管理栄養士」の分野。ん?「栄養士」と「管理栄養士」・・・

どうなんだろうね。

世の中、「栄養士」って必要とされているのか?

「栄養士」によって、何かが(栄養士、なので人々の栄養状態≒健康状態)良くなっているのかな?

良くなっているとしたら、それは誰が判断してるの?

栄養士・管理栄養士?

ドクター?

患者さん?

それをいつもいつも考えています。

そんなの理想に決まってるじゃない。なんて言われそうだけど、じゃあどうしてそれが出来ない?途中で、目線を変えてしまう?存在価値・理由としての評価を求める先がブレてしまうのか?

いろんな考え方や、各栄養士の置かれている立場や、位置づけがあるから何が正しいってこともないでしょう。まさに「白の巨塔」?(笑)きっと、どんな職業や仕事でもそうだよね。

内輪の栄養士(特に管理者の立場になるほど)「レベル」「ランク」、として栄養士を判断する。ん?「レベル」?「ランク」って何が基準なの?

学識や知識や学力の「レベル」はあると思う。

でも、それこそ「個性」と言いたい。

少なからず、その資格をその人は何らかの目的や意識を持って取得したのだから。だとしたら、「レベル」っていうなら誰が決めるものになる?

患者さんや相談をしてきた人だと、私は思ってます。

それも「レベル」じゃない。自分に有益だったか、そうじゃないか。すごくシンプルでいて、実は一番はっきりしてる。ドクターに認められたって、肝心の「栄養(健康)状態を改善したい人」が改善されなきゃ、世の中の「栄養士」の存在って何??と本末転倒じゃないかな。

だから、世の中の需要と供給、必要と満足で言うと、エンドユーザーである患者さんや相談者さんが自分(栄養士)のリピーターになってくれること=ご本人が「栄養の改善で健康=自分にとって有益」になった、だからまた【栄養士】さんに相談したい・・・そのリピーター&ファンの多い栄養士こそ、言葉を借りるなら、【レベルの高い】栄養士だと思うのです。

健康なんて、栄養状態の良さなんて、個々のカラダ個体ごとに違うわけで。"その人"をごこまで汲み取り、背景と考えられるか。

そして、「この人の言うことなら聞いてみよう、相談したいな」 そう思ってもらえるのは、決して、アタマの良さとか、経験の長さとか、ミスのない判断とか、それだけじゃない。むしろそういうもののほうがジャマをすることもあるでしょう?

そこを資格者はお互いに認め合うことは難しいのかな?・・・難しいみたいだ?(笑)

頭のよい、デキルと(栄養士の内輪で)いわれる栄養士さんから見たら、私はかなり「低レベル」で「不良」な栄養士なんだろうな~(笑) でも、低レベル、Bランク、といわれても別にいいのですが、イコール=意識が低い といわれたら猛反撃だね(笑)

なーんて私も、自分に対しての内輪の栄養士同士のレベル判断なんかを、結局は気にしているのですがね。事業という人の集まりの中で仕事してくからには、一匹狼でもいられないしね(笑)

ただ

私は有名になりたいわけでも、啓蒙活動で目立ちたいわけでも、賞賛を得たいわけでもなく。もちろん誰かに認められたい欲はある。ドクターに認めてもらえたら、それはやっぱりうれしい。けど、ドクターに認められても、患者さんや相談者さんに求めてもらえないなら、私にとっての理想の意思とは反するだろうな。

自分の能力や特技や特質が、もし世の中で誰かの何かの役にたったり必要とされるなら、そこの必要を満たしてあげたい、と思うわけで。

物々交換でいきたい、生きたいね~。

私の得意なことは、食事とか食生活とか栄養とか、健康につながるには何が必要かってことを見つける・見つけてあげられることです。もしそれで健康になったら、その分の対価(=評価)をくださいね~=うちの畑ではおいしいトマトがいっぱい採れたから、欲しい人には分けてあげるよ~!・・・で、私はその魚が食べたいから交換っこね。

さて。

これが「ビジネス」「事業」として大きくなればなるほど、できなくなるんだよね。どうして?と思うが、できないよな~ とも思っている。だから、よけいに自分がどうしたいか、どうしてゆけるか・・・その意識は個々がしっかり持ってないと、「なんで私、栄養士してるんだろう?」のブラックホールにはまるんだな。

誰かに満足してもらえることって、結局、自分のいちばんの満足なんだよね。でも、自分の満足=人の満足ではないことも多い。

さてさて、お互いに満足=シアワセ になってゆきたいね。そんな生き方をしていきたいね。難しいんだけどさ。

長いながーい、つぶやきでした。

| | コメント (0)

生活スタイル

2007年問題然り、割合的な人々の生活スタイルが大きく変わっていきそうですね。先日もあるメディア記事では、40~50(60)代の人、将来は都市を離れて田舎で暮らしたい希望が多い・・・とありました。東京(都市)にいなくても、仕事ができたら(生活のための収入)いいな・・・とか(私です...笑)、40歳プチリタイア...とかも、同じ傾向なのかなと思ったりします。

今では軒を連ねているコーヒーショップですが、その店(会社)ごとにも、ターゲットの年齢や層を踏まえた、さらなる特色を出してゆくようです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060306-00000018-san-bus_all

上島珈琲さん、私もコレ考えました(笑)

まだ在職中の休職中、23区内ですがベッドタウンと言われるとこにある実家にしばらく帰っていたとき。。。カフェのオープン・運営を仕事でしていた直後だったから余計?ですが、いわゆる移動式カフェ・・・carカフェ・・・開いて、そこの需要にあった仕方でココでやったらいいかも、と。

コーヒーは儲かる、というのも本当。が、ゆえに、しっかり考えがないと逆をゆく。だから生活を考える仕事としては、安易な考えじゃできないのはもちろんなんだけど、なんていうか・・・家族とかと一緒にできるのはいいなぁ・・・って。『儲けるぞ!!』・・・な考えでは、家族&友人経営って難しいとも思うんだけどね。生きてゆくのに必要な分を賄い、「時間」の豊かさを増やす・・・みたいなね。

「移動式カフェ」も、なんて数の多いことか!(笑)

"やりたいこと(カフェ)"を実現しやすい方法ではあるね、たしかに。

"カフェ"だけじゃなくて、漠然としてるけど他の業態・仕事も「移動式」で何かできないかな~?・・・と空想(笑)にふける晴天の下でした。。。

| | コメント (0)

栄養士の活躍できる場

私が栄養士になった頃、"薬局(薬店)"での栄養士活動も、管理の国家試験を受ける資格を認められる場になりました。いわゆる調理の現場栄養士になるか、違う場での栄養士になるか、そして進路(就職)先を決める上で、私は現場栄養士ではない先を選択。
(大量)調理をすることも好きではありましたが、もっと人ひとりひとりに違う形でかかわりたい、また基本的な「食」の考え方やその応用を、個々にあったアドバイス等をできるようになりたい、個々体に合った栄養を考えていきたい、と考えたのでした。

まだその頃は、「食事」「栄養」といったことにかんしての人々の認識も薄く、「栄養士って何をする人?」と聞かれることも多かった。

ここ数年、こんなにも食や栄養、健康といったものに関心が注目されるとは、ここまで予想はしていなかったのですが。でも、ヒトが生きてゆく上で、『食べるもの』そしてそれが唯一カラダを造っているという、なんとも基本に目を向ける機会が人々に広がったことは、『原点』に立ち戻るといった、いろんな意味のことを包括している気がします。

栄養士になりたい、なった、続けている 思いの背景には、ただ自分の学んだことを生かしたい、知ってほしい、という利己的な思いだけでなく、健康不良の状態にある人の何かの手助けができれば・・・自分の能力をもしそういうところで必要としてもらえるなら・・・というような、それこそ「人は何故働くのだろう?」・・・その自分の答えにも辿りついている気がします。

今、開かれている場だけでなく、どんな場も、自身で開拓もしてゆける職・活動でもあるゆえ、自分のモチベーションの持ち方次第で色んな将来を作ってゆくことができる。そう思い、同志を抱くみんなとがんばっていけたらと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はじめてみる

プライベートな日記blogは今までも書いてきたのだけれど、
もうちょっと自分の好奇心分野でのblogもおもしろそうかな?と。

今後、いろんな側面からの"栄養"と"食"について綴れたらと思います!

FOOD & COOKING DATA 塩分早わかり―食品の塩分が一目でわかる FOOD & COOKING DATA 塩分早わかり―食品の塩分が一目でわかる

著者:牧野 直子
販売元:女子栄養大学出版部
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハロウィン

年下のクラスメイトNegyのバイトする店、八幡山のBonに二人で行ってきました。
Negy
そう、週末ハロウィンだったの~!
Bonはすっかりハロウィン仕様!Negyはcuteな魔女っ子になってました!

ここ 『Bon』はおいしいメキシカン料理がいただけます。スパイシーなんだけどスパイシーすぎす、ドリンクもすすんで・・・。こちらサイトはNegy作です。サイトにもBonにも、ぜひ遊びに行ってみてください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒラメキの神様

ヒラメキの神様が、まだ降りてきてくれない。
卒業製作、本格突入なのに。

降りてこない理由はたぶん
デスクにかじりついての創作活動は苦手、だから。

ただ電車から外を見ているときに
ただメールを打ってるときに
ただごはんを作っているときに
そんなときに降りてくる。

ゆっくりマイペースで、降りてくるまで待ちましょう(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小さな気遣い

Halo

遊びに来てくれてありがとう!また来てね(^^)
>Rei,Maki,Pooh&Mibuki
===============

海外遠征、プチ留学から帰ってきた友人たちとうちでおみやげ話会。
もちろん小さなプリンセスも大人たちの話に一生懸命ついてきました。(途中おひるねタイムに入りながら)夜まで話は尽きずだったけど、時差ぼけの眠気に襲われたMakiちゃんの目が二重になってきたのでそろそろ…と片付けに入ったとき

「ミブタン、今日syiちゃんち泊まっていかない?」と聞いてみたら
「うん。いいよ。」
「ほんと?うれし~。パパはさみし~って言うかもね!?」

そしたら「…パパさみしいっていうかな…やっぱり帰るね。」 (*^_^*)あはは

駅まで見送りにいく途中、「みんな帰ったあとひとりになっちゃうのさみしいな~」って言ったら

「ミブタンやっぱりsyiちゃんち泊まっていこっかな……でもパパがさみしいって言うかも…(だんだん声が小さく…)」

(>_<)んん~  そのちっちゃなHeartで考えてくれた心遣いで充分よ~ わがまま言ってみてごめんね(笑)

「ミブタンありがと~。今日はだいじょうぶ!また遊びに来てね!パパにもよろしくね!」即笑顔で「(^O^)うん」

半日まめ台風プリンセス滞在、見送りから帰ったらせまいと感じてた部屋が急にガランと感じます~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧